初詣 お宮参り 七五三 合格祈願などは東京都町田市の菅原神社へ

境内案内

境内見取り図 神社の境内を散歩してみましょう。
下の写真は、見取り図の(1)~(9)の順に歩くとご覧になれる景色です。梅や桜、紅葉など、季節ごとに移りゆく境内をごゆるりとご散策ください。

境内案内

鳥居

(1)鳥居

まずは「鳥居」をくぐって…。鳥居の手前で立ち止まり、一礼するのが神社流です。そのとき真ん中は歩きません。真ん中は神様がお通りすると考えますので。

参道

(2)参道

参道は、春は桜のトンネルになります。

手水舎

(3)手水舎

「手水舎」で手と口を清めて
手水の作法は、まず柄杓を右手に持ち左手を清め、柄杓を左手に持ち替えて右手を清め、次に柄杓を右手に持ち替えて左手の平に水を受けて、それで口をすすぎ清めます。

最上段

(4)最上段

階段はもう少し…でもここが一番きつい
手水で身と心を清め、一息してからどうぞ。

社殿

(5)社殿

平成24年8月社殿改修工事が竣工し、江戸天明期以来237年ぶりに、新拝殿となりました。

神楽殿

(6)神楽殿

祭礼の時ここで、神楽を始め様々な芸能を神様に奉納します。

愛宕社

(7)愛宕社

境内末社の「愛宕社」
火伏せの神様をお祀りしています。
毎年五月二十日前後に例祭をご奉仕しております。

井手の沢石碑

(8)井手の沢石碑

史蹟「井手の沢」の石碑

境内林

(9)境内林

広い境内の半分ほどは林です。昭和中期の頃までは、杉や松の大木が生い茂り、昼間でも薄暗いほどだったと、総代の方々は口を揃えて語られます。
今もその面影を残す杜です。先日は樅の大木の上の方で、キツツキが木をつつく乾いた音が響いて、掃除をされている方と顔を見合わせました。