初詣 お宮参り 七五三 合格祈願などは東京都町田市の菅原神社へ

杜のことづて

2017年6月1日

5月27日の巫女体験

IMG_20170527_112152

IMG_20170527_144138

 晴天に恵まれた5月27日、町田市観光コンベンション協会主催の巫女体験を当神社にて行いました。

 

 午前の部は十名、午後の部は六名の、巫女を体験したい方々が遠近より集って、二時間半という短時間ではありますが、巫女の集約的な体験をしていただきました。巫女衣装に憧れて来られた方にも、せっかくご足労いただいたのですから、神社や神道或いは日本文化の本質の一端には触れてほしいという思いから、いろいろなテーマを詰め込んでいます。来年は参加してみたいと思われる方のために、参考として内容を記します。

 

 挨拶と手短な自己紹介に始まり、巫女の立ち方歩き方、手水の作法、参拝作法の説明の後、実際に手水を取り、拝殿の中で参拝、そして皆さんに大切な写真タイム。

 

 次に竹箒で境内の清掃、次に参集殿で、当神社例祭に奉奏された巫女神楽「浦安の舞」のビデオ鑑賞、さらに神社の話と続きます。15分で神社のまとまった話など不可能なので、四点に限って簡単に説明しました。

 

① 日本では、神様、自然(物)、人、つまりあらゆる存在は家族です。

② 神様は、まず日本語の中に息づいています。

③ 人の命が短いのはなぜ。~神話による説明と科学的説明

④ 神宮は20年毎に建て替えられます。~日本での永遠性

 

 今、私達の頭はすっかり西欧的、科学的、個人主義的な思考に慣れ親しんでいますが、それはかなり最近の事で、文明開化前までは或いは戦前までは、日本古来の考え方が活き活きしていたと思います。昔から内なる変化に留まってきた私達の言葉が、昔と今を結んでくれていますので、古来の伝統の素晴らしさを、案外早く理解し易いのかもしれません。

 

 最後主催者からのアンケートがあります。境内清掃が時間で打ち切られたのですが、「掃除を徹底的に終えたかったです。」との頼もしい不満もありました。